メニュー

コロナワクチン

12歳以上のコロナワクチン(1回目、2回目)について(2022.12.9時点)

12歳以上の方の1回目、2回目用ワクチン(ノババックス)は年内で終了いたします。

1月からはファイザー社製に変更になります。これから1回目を接種される方は、ノババックスとコミナティの交互接種となりますので、ご了承ください。

また、当院の12歳以上のコロナワクチン枠はすでにいっぱいで、空きがありません。

他施設での接種も難しい場合やノババックスでの接種をご希望の場合は、お電話にてご連絡をお願いいたします。可能な範囲で対応させていただきます。

 

注意! 5歳~11歳の「3回目」コロナワクチンについて(2022.12.2時点)

高砂市から3回目の接種券が送られている5~11歳のお子さん

2回目から5か月たったお子さん宛に接種券が高砂市から届き始めていると思います。ただ、この中には8月に接種された、まだ5日ヶ月たっていないお子さんも含まれているようです。5か月が経過していることを確認してからワクチン接種を行いましょう

 

 

コロナワクチン接種枠について

当院では、5歳以上は金曜日の夕方と土曜日の午前中に接種枠を設けています。6か月~5歳の乳幼児については火曜日と水曜日の午前中に接種枠を設けています。

予約システムをご利用ください。
小児科クリニックですが、ひきつづきコロナワクチンに関しては12歳以上の方、成人の方のご利用も可能です。基本的に高砂市の接種券をお持ちの方を対象としています。高砂市でも【オミクロン株対応】のワクチンになっています。4回目/5回目のワクチンの方もどうぞ。

Web予約受付

乳幼児のコロナワクチン、接種した方がいい?

「5~11歳」以上に難しいですね。軽症化の効果は明らかになってきているようですし、接種後早期の副反応もあまり強くはないようです。「努力義務」になっていますし、医師としての立場上、接種をお勧めします。

ただ、しっかり家族で話し合って決めましょう(下記、「5~11歳」も参照してください)。

現在のスケジュールで年度内に接種を終えることを考えると、1月中には1回目の接種を終える必要があります。回数も大切ですので、接種をご希望の場合は1月中には1回目を終えるようにしましょう。

5〜11歳のコロナワクチン、接種した方がいい?

難しいですね。コロナの流行株とその症状、今までのところ子どもは軽症、新たなタイプのワクチンで副反応が多いなどこれまでの情報からは接種をためらいます。でも、効果がでるのに時間がかかるので、子どもも重症化するような株が流行ってからでは遅い、というのも事実。ジレンマです。
医師としては接種した方がいいと思いますが、一人の親としては急いで接種させる必要はないかな?とも思っています。

接種したお子さん自身のメリットは大きくはないかもしれません。でも、みんなで社会を守ることも大切。
なので、赤ちゃんなど接種できない小さなお子さんがいる場合、お子さんに持病がある場合、両親が接客業・医療職など多数の方と日々接する職業の場合、持病のあるご家族・高齢の方と同居している場合などは接種を積極的に検討してよいと思います。
ご家庭の事情もふまえてご検討ください。

新たなタイプのワクチンも出てくるようです。今後に期待、というところでしょうか。

12歳以上のコロナワクチン

小児科クリニックですが、コロナワクチンに関しては12歳以上の方、成人の方のご利用も可能です。基本的に高砂市の接種券をお持ちの方を対象としています。
3回目だけのご利用も可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME